英語学習

オンライン英会話の挨拶【初心者におすすめ】

オンライン英会話のサービスが最近充実してきてますね。

値段も安いし、時間も自由だからはじめてみたいという方も多いはず。

でも一方で、英会話にあまり触れていない方は

初めの挨拶で躓きそうでなんだか怖い・・・

この記事は

  • 英会話を初めたばかりの初心者
  • オンライン英会話を初めようとしている方
  • 英語での会話に抵抗感がある方

向けの記事です。

オンライン英会話をはじめ、様々な学習を通して海外赴任するまでに至った私が、
「オンライン英会話での挨拶」について紹介します。

オンライン英会話で挨拶が大事な理由

オンライン英会話で挨拶が大事な理由ですが、次の2つが主な理由です。

挨拶は会話のスタート

英会話に限らず、挨拶は会話のスタートです。

いきなり話題から話しかけられても壁を作ってしまい、相手を拒絶してしまいますよね。

挨拶のようなスモールトークを行うことで、そんな壁を取り払い、
お互い気持ちよく会話を進める状態に移行します。

英会話学習といっても、コミュニケーションですので、
コミュニケーションの基本をしっかりと押さえていきましょう。

挨拶はレベルチェック

英会話学習では、生徒によって英語のレベルは全然違います。

先生は、挨拶の流暢さや内容からあなたの英語力を確認し、
あなたにあったレベルで学習を進めてくれます。

そのため、毎回決まった自己紹介をするのではなく、
色々な自己紹介に挑戦してみましょう。

「How are you?」
->「I’m fine, thank you. And you?」で毎回返事をする。

中学英語で刷り込まれてしまった会話ですが、この壁は壊しましょう!

挨拶で英会話の話題作りをしよう

前述したように、挨拶は相手との壁を取り払うのに必要です。

さらに踏み込んで、お互い話やすくしてみましょう。

相手を知るための第一歩

挨拶は相手を知るための第一歩です。

顔はカメラで見えるけど、それだけだと道ですれ違う他人と何も変わりませんよね。

そんな相手は、輪郭がぼやけているし、あまり話したいと思わないはず。

だから相手をしっかり知ろうとすることが大切なんです。

それって相手の深いところまで知らなくても大丈夫。

例えば、

  • 今日の体調はどう?
    ->「How are you?」
  • 今日何食べた?
    ->「What did you eat for lunch today?」
  • 暇な時何してる?
    ->「What’s your hobby?」「What are you doing in your free time?」
  • ペット飼ってる?
    ->「Do you have pets?」

一言聞くだけで、相手の輪郭がグッと明瞭になります。

共通点があると、話しやすいよね

もちろん先生によって性格は全然違います。

次回も先生を選ぶ場合、話やすい先生を選んだ方がずっといいです。

その基準の一つは共通点があるかないかだと思います。

あなたの友人は、あなたとの共通点を沢山持っていますよね。

先生の共通点を探すと、心の距離がグッと近くはずです。

日本人に英会話を教えている先生は、大体日本が好きで、日本の文化にも興味があります。

アニメや音楽、食べ物など、共通点を見つけてみてください。

オフラインだからこそ、挨拶は気軽でOK

  • 挨拶が大切なのはわかったけど、言葉が出てこない。
  • 失敗したら嫌だから、覚えたフレーズしか喋れない。
  • 知らない人に恥ずかしいところ見せられない。

なんてことがあるかと思います。

結論から言うと、失敗なんてないので気軽になんでも話してOKです。

挨拶に正解なんてない

挨拶で使えば、どんな状況でも対応できる正解のフレーズはありません。

英会話はコミュニケーションなので、相手や状況に合わせたフレーズを考えることが大切です。

自分にあった単語を都度覚え、入れ替え、色んな挨拶を気軽に試してみてください。

先生の訂正も、大切な学びです。

失敗しても、気にするほどのことでもない

失敗しても、そんなに恥じることはありません。

3単元の「s」を忘れたり、難しい単語が出てこなかったりして、
失敗を恐れて喋れなくなる方が問題です。

3単元の「s」を忘れても、難しい単語の代わりに簡単な単語で表現しても伝わります。

堂々と喋って大丈夫です。

単語が出ない時、簡単な単語の表現はオススメです。

「I like banana.」<–もし”banana”という単語を忘れてしまったら?


 ->「I like fruits. They’re yellow, long and sweet.」
※こんな感じの言い換えがオススメ。

->「like yellow fruits」
※実際これでも通じる。

挨拶のバリエーションを増やすトレーニング方法

挨拶のバリエーションを増やすトレーニングは、
日常使っている言葉をシンプルな英語にしてみることです。

日常をシンプルな英語に

  • 今日はカレーを食べたよ。
  • カフェでカフェオレを飲んだよ。
  • JーPOPの曲を聞いたよ。
  • 犬の散歩行ったよ。

例えば

Hi.

I ate a curry for dinner.

It was really spicy.

And you? What did you eat?

日常のシンプルな英語が挨拶に使えますよね。

まとめ

  •  挨拶は会話のスタートなので大事です。
  • 共通点を確認でき、ぐっと話しやすくなります。
  • 失敗は気にせず気軽に挨拶してみてください。
  • 日常の簡単な言葉から色んな挨拶のバリエーションが作れますよ。

それではまたお会いしましょう!

ABOUT ME
あおねこ
現在32歳、某メーカで働くサラリーマン。 2020年4月よりエンジニア→バイヤーとしてメキシコで働く予定です。 (現在新型コロナの影響で引き続き日本にて働いています) 英語学習をはじめとするスキルアップに関する情報や、海外生活について発信していきます。